水漏れを放置すると別のトラブルを引き起こす

水漏れを放置すると別のトラブルを引き起こす 住宅を購入したり借りたりして生活をしていると、水のトラブルに見舞われる場合があります。水漏れもありますし、雨漏りというケースも考えられます。このような問題が発生すると、私たちの生活は一気に不便になりかねません。しかし仕事が忙しいなどの理由で、修理業者に相談するのを後回しにしてしまう人も少なからず見受けられます。ただ放置をしていても症状が自然に改善することはまず期待できません。それどころか、水漏れをそのままにしたことで別のトラブルの引き金になることも十分考えられます。連動するトラブルにはどのようなものがあるのか把握し、問題が起きたら速やかに修理業者を呼ぶことが大切です。

■一戸建てで考えられる二次被害

もし皆さんの住んでいる住宅が一戸建てなら、1階の天井や2階の床などが注意すべき箇所です。平屋建ての物件の場合は、床や壁を伝う形で水の被害が拡大してしまいます。2階建ての場合であれば、階のつなぎ目になっている天井や床を伝って被害範囲が拡大する恐れもあります。これを長期間そのままにしていると、天井や床を張り替える必要性が生じ、リフォーム代金もかさんでしまいます。日本の家屋では特に一戸建ての場合、木材を使用しているものがほとんどです。木材は濡れることで腐ってしまい、住宅の強度に深刻な問題を及ぼします。床が抜けることもあり得ますし、天井の場合はシミなどが残ってしまって品質の悪化が懸念されます。このような場合は早急に対処を考える必要があります。

■マンションで起こる二次被害
マンションなどの集合住宅の場合、鉄筋コンクリートで作られた物件が多いです。そのため、木材を使用している一戸建てのように腐食などはあまり心配する必要はないでしょう。しかしコンクリートのひび割れなどから水が浸入してしまって、鉄骨部分がさびてしまうことも考えられます。近年のマンションの床を見てみると、フローリングを採用しているところが多くあります。床下で水漏れが発生してそのまましばらく放置していると、床が変色してしまうこともあり得ます。その結果、張り替えが必要になるかもしれません。しかも床に水が染み込むとそれを餌にして、ゴキブリなどの害虫が発生するリスクも高まります。さらにエレベーターのついている物件で、その近くで漏れが発生するとショートを起こして動かなくなることもあります。

■健康被害などに発展することも

水漏れを放置していると、健康面でリスクが伴うこともあります。湿気の高い状態が続くと、部屋の中にカビが発生しやすくなります。カビを日々吸い込むことで、アレルギー性の疾患を引き起こすことも考えられます。特に呼吸器関係の症状を引き起こす可能性が高まります。その他には湿ったほこりによって、ハウスダストに対するアレルギー症状を引き起こす場合があります。また自宅にはいろいろと家電がありますが、漏れた水がこのような家電のコンセントやプラグに染み込んでしまうと、ショートを起こす危険性が出てきます。電化製品が故障するだけでなく、漏電が原因で火災を引き起こすこともあり得ます。

■まとめ
水のトラブルは放置しないことが絶対条件となります。住居が劣化してしまい寿命を縮めてしまうだけでなく、アレルギーなどの健康被害が及ぶ可能性も考えられ、さらには火災で自分の身に危険が迫ってくることもあり得るからです。もし水漏れなどの症状に気づいたのであれば、修理業者へ速やかに連絡をしましょう。繁忙期の場合は、電話をかけてもすぐに来てくれないケースもあるので、気づいた段階で問い合わせをした方がいいでしょう。できれば定期的に水回りのチェックをして、何か異変はないか確認する習慣をつけておくとなお良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース